業者に発注し簡単に作成ができるプリントTシャツは若者に人気

オリジナルTシャツ

アジアのTシャツから学ぼう

アジアに足を運ぶと、お店にぶら下がっているプリントTシャツに驚かされることがあります。そのプリントTシャツのデザインには日本語が書かれており、かつて日本国内でも見たことがない、自由な発想に彩られたプリントTシャツが並んでいます。胸のところに「取扱注意」という漢字や、バックプリントに「背中」と漢字が書かれていたりと、一見吹き出してしまいそうなプリントTシャツがたくさん散見されます。ですが、そんなオモシロTシャツは、日本のファッションが失ってしまった何かを教えてくれているような気がします。
日本人がファッションを遊ばなくなってしまったのは、不景気が続いてここ最近の話です。バブル期やそれ以前には、個性的で奇抜なファッションと言うのは街中でも多く見られました。ですが、徐々にそういった攻めの姿勢のファッションはナリを潜め、ファッションにおいても世の中的にも守りの姿勢が続いて来ているのだと思います。それが現代の閉塞感を生んでしまっているのかもしれません。
ファッションと言うのは、自己表現の一環でもあります。あなた一人でも発信する事ができる表現活動なのです。何か一つでも、いつもと違う服を買ったり着方を変えてみたりすることで、周囲の人間が自分を見る目が、自分自身の変化も併せて感じ取ることが出来ます。

プリントTシャツは業者に発注一択

部活動やサークルなどで、オリジナルのプリントTシャツを揃えよう!なんて話が結構多くなされます。そんな時、「俺、家で作れるよ!」なんて名乗りを上げてしまったら大変な事になります。少人数であっても大変ですが、大人数なんてことになってしまったら、もはや地獄です。自宅で一枚一枚、ズレないように細心の注意を払いながら、丁寧にアイロンをまんべんなく当てていく。気の遠くなるような作業を、短期間で仕上げなければなりません。
そんな地獄のような手間から解放されて、尚且つクオリティーの高いプリントTシャツを作りあげたいのでれば、オリジナルのプリントTシャツを取り扱っている業者に発注するのが一番です。何よりも仕上がりが綺麗という事が、業者のストロングポイントです。自作よりもキレイで、早くて、思いのほか高額ではない。正に3拍子揃った状況であるため、自宅で手間暇かけて作成しているのがバカバカしくなってしまいます。
Tシャツ作成が初めての方でも、業者のホームページを見れば明らかですが、初心者の方でも安全に、安心して発注する事ができるようなシステム、レイアウトになっています。ちょっとでも興味を持たれた方がいらっしゃれば、検索エンジンで調べてみましょう。

プリントTシャツのススメ

「このデザインがもう少し良ければ」や、「このデザインでサイズがあれば」など、そんな悔しい経験をされた方も多いのではないでしょうか?そういった場合、朝から晩まで探し回るのではなく、プリントTシャツを自ら作ろうという発想に切り替えた方が早いかもしれません。
オリジナルのプリントTシャツは、意外と簡単にインターネット上で作成する事が可能です。まずTシャツのサイズ、素材を選びます。この時、あまり安すぎない素材を選ぶことです。プリントTシャツは、着れば必ず選択するものですから、安めの素材でしたら、何回か洗っているうちに色落ちしてしまいます。生地の傷む速度が速い場合もありますので、なるべくしっかりした生地のものをお選びください。せっかくのプリントTシャツが、1日2日で使えなくなってしまわぬように十分注意しましょう。
あと、もう一つ注意して欲しいのがサイズです。やっとのことで見つけたオリジナルのプリントTシャツであっても、自宅で来てみたら何ともデカ過ぎる。もしくは何とも小さ過ぎる、なんて経験が待ち構えているかもしれません。サイズ表記が日本のそれとは異なる可能性がありますので、掲載情報に十分注意をして購入しましょう。

プリントTシャツ制作会社のプリント加工には複数の選択肢がある

プリントTシャツと一口に言ってもプリント加工の種類には複数の選択肢があります。自分の想像に近い仕上がりのプリントTシャツを手に入れたいなら、制作会社に依頼する際に選ぶプリント加工の種類にもこだわる必要があるでしょう。一般的なプリントTシャツのイメージに近いのはシルクプリント(シルクスクリーン)です。Tシャツの生地に1色ずつ作った版でインクを刷り込んでいく形式で、色あせなどに強いというメリットがあります。制作会社によっては金プリントやラメプリントなど特殊な加工を施すことも可能です。ただし、1色ごとに印刷作業が必要なので、たくさんのカラーを使うデザインには向きません。 色数の多いプリントTシャツを作りたいなら、デジタル転写がおすすめです。デジタル転写は先に専用のシートへ印刷を行った後、Tシャツの生地にシートを圧着する方式となっています。どれだけ色を使っても圧着は1回だけなので、フルカラーでも高額な費用を請求されることがありません。ただし、シートを圧着した部分は通気性が悪くなるため、着心地の面ではシルクプリントに劣ります。 その他制作会社で出来ることと言えば、Tシャツに直接インクを噴射してプリントするインクジェットプリントや、着色済みのシートを好みの形にカットして圧着するカッティングシートなどのプリント加工が存在します。それぞれに値段やメリットが異なるので、プリントTシャツを着るシチュエーションに合わせた加工を選ぶとよいでしょう。

CONTENTS

TOP